ホーム > むち打ちの症状

むち打ちの症状

むち打ち治療に対しての誤解

接骨院でも自賠責保険を使って交通事故の治療ができます。
大抵の整形外科や病院、接骨院でも交通事故後の治療は行っていますが、専門で行っているわけではありません。

交通事故被害者の皆様へ
もし、他で治療を受けていて、なかなか症状がよくならない場合、病院(整形外科、接骨院等)からの転院が可能です。

現在病院(整形外科、接骨院等)に通院の方は途中であっても保険会社との面倒なやり取りなく転院は可能です。
保険会社との煩わしい手続きなどは、私たちが行うため患者様は治療に専念していただけます。

むち打ちとは?

むち打ちとは、交通事故等の追突、衝突などによって急激な力がかかり頭部が激しく動き、首などに運動障害が発生することをいいます。
胴体の上にやや不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により、前後左右(場合による)S字形の動きを強いられ、それによって、様々な症状(頭痛やめまい、吐き気、憂鬱感など)が出現します。
(「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく、「外傷性頸部症候群」・「頸椎捻挫」などとも呼ばれます。)
ほかにもむち打ち症は労働災害、スポーツ障害によって起こる例もあります。

特に、脊柱、頚椎は、人間の体の構造上、不可抗力に対して最も弱い箇所です。
初期の治療を誤ると痛み・頭痛・吐き気・しびれなどの後遺症を残すこともあります。


当院では交通事故により受けた負傷に対し、主に外傷・怪我の処置はもちろんのこと、手技療法およびリハビリ・マッサージ・運動療法を行います。

むち打ちとは?

【症状】首の後ろや肩の痛み

頚椎捻挫型はむちうち症全体の80%を占めています。頚椎の周りの筋肉や靭帯などの損傷で最も多くられます。
首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。無理に動かすことは絶対にしないでください。
また、首や肩の動きが制限されることもあります。

【症状】
首の痛みだけでなく、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部や顔面に痛みが現れることもあります。
咳やくしゃみをしたり、首を動かしたりすると強まります。

頚椎に変形があったり、ならびに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。

後部交感神経症候群ともいいます。
【症状】頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など

血行をつかさどる交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫によって、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、症状が現れると考えられています。

【症状】下肢のしびれ、まれに尿や便が出にくくなる

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つくことにより、下肢に伸びている神経が損傷を受け、下肢のしびれ等が起こり、歩行に支障をきたすようになることがあります。

予防

むち打ち症は基本的に予防することが困難ですが、
不幸にも自動車事故にあってしまったら、できるだけ早く医療機関へ受診し検査を受けましょう。
事故直後は自覚症状がなくても、2~3日後から症状が現れることもあります。
放置すれば回復が遅れてしまいさらに治療に時間がかかる可能性があります。
いつ事故に遭うかわかりません。日頃からシートベルトを正しく装着し、きちんとした姿勢で乗車するようしましょう。