ホーム > 交通事故治療とは?

交通事故治療とは?

交通事故にて受傷された患者様へ

この度は、突然の災難に合われましたことを心よりお見舞い申し上げます。
交通事故は予期せぬ出来事であり、その際に受ける衝撃は想像以上のものがあります。
事故直後は精神的同様も加わり「痛み」を感じなかったり、何ともないように思えたりすることがありますが、時間が経ってから現れる場合があります。
当院では、患者様が一日でも早く肉体的、精神的苦痛から解放されますように、診断から事務所もアドバイスまで万全の体制でご協力させて頂きます。
ご不明点、不安な点等、お気軽にお問い合わせください。

ご存知ですか?

交通事故治療とは、一般的に突然起きた交通事故が原因による痛みの治療(むち打ち症、腰痛、手足のしびれ、痛み、だるさ、不快感等)を指します。
主に自賠責保険による治療のことをいいます。

当院では、交通事故が原因で様々な症状で日常生活を送る上でお悩みの方や「治療を受けているが、思ったように治らなくて困っている…」等の方々のご相談に応じております。
※交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。

交通事故では、普段では考えられない衝撃が体にかかるため、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)や後遺症へと発展することもあります。

そうならないためにも、早期の適切治療と、症状が完治するまで、途中で通院を辞めずにきちんと治療される事をおすすめします。

 

交通事故の現状

警察庁の交通事故発生状況によると、2011年の交通事故死者数は4,611人にもなるそうです。
交通事故発生件数や死者数は年々現象傾向にありますが、愛知をはじめ、東海3件は事故が多いと感じています。
岐阜県の2011年の人身事故件数は11,873件に及びます。

当院の近くの地域である多治見市や土岐市でも事故は発生しています。
いつ、ご自身やご家族が交通事故に巻き込まれるかは誰にも分かりません。
もしもの時にも、慌てずに対処できるように、しっかりとした知識と理解を身につけることをお勧めします。

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまったら必ずやるべき4つの事をお伝えします。
わからないことはお気軽にお問い合わせ下さい。

情報を忘れないために携帯で、免許証とナンバープレートの写真を撮る。
出来れば、事故車の状況を証拠として提出するために撮影もしましょう。

どんな小さな事故でも警察へ電話をしましょう。
事故証明が必ず必要になります。
「示談で済まそう」となった場合でも後々もめないためにも
絶対に警察へ電話してください!

事故直後は痛みや症状が現れなくても、必ず専門家の検査を受けて診断書をもらいます。
(のちのち人身事故になる可能性があるため)
医療費の領収書は保管しておきましょう。

他院での治療がよくならない場合や、交通事故治療をどこの接骨院で受けようか迷っている場合、むち打ち治療・交通事故治療の専門家である喜多町接骨院にご相談してください。
交通事故についての適切なアドバイスを致します。

当院では以下のような方々のご相談に応じております。

  • 交通事故で車をぶつけられて怪我をしたが、どこへ行ったら良いか何もわからない。
  • 交通事故で病院へ行ったが、検査しても「異常なし。様子を見ましょう。」と言われ、湿布と飲み薬だけで何もしてくれなかった。
  • 整形外科に行ったが、「特に異常はみられないので様子を見ましょう」ばかりでリハビリもしてくれず、1ヶ月経ってもまだ首や腰が痛い。早く症状を改善したい。
  • 大学病院に行ったが、待ち時間は1時間以上だったのに、リハビリは首をひっぱるだけで10分で終わり・・・。
    これだけで本当に良くなるの?心配…。
  • 保険会社との交渉の仕方が分からない・・・。
    難しいことは分からないので反論もできない・・・。
    だから全て保険会社側の言われるがまま・・・。