ホーム > 事故の加害者・自損の方へ

事故の加害者・自損の方へ

治療費について

 

任意保険に関しては、各患者様の保険加入状況により、
適応出来る場合と、適応出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

交通事故には被害者と加害者がつきものです。
赤信号で停止中に追突された、などの過失割合10:0の事故もありますが、
事故の多くは双方に過失責任を問われるようなものとなっています。

そのような中で、過失割合により加害者となってしまった場合でも、ご自身や搭乗者が多大な傷害を被るケースが多々見受けられます。そして、「加害者」であるがために自賠責保険が適用できない、という理由だけで治療を受けずに我慢されてしまっている方も多いようです。

交通事故に遭われた方の約1/3は自損事故の方です。
自損事故の場合、ご自身や搭乗者が大きな怪我を負われているのにもかかわらず、「自賠責保険が適用されないから、治療費が高額になってしまうのではないか」という思い込みにより、治療を受けずに我慢されてしまっている方が多いようです。


加害者の方、自損の方に共通して言えることですが、
交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、
放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。

そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、
きちんと治療される事をおすすめします。

とは言っても、通常の健康保険だけでは費用負担が大きく、
通院したくてもできない、というお悩みを抱えていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?

自動車の任意保険は主に上記のように、賠償対象や立場によって補償されています。
中でも、加害者の方、自損の方の治療に関係してくる補償は、「人身傷害」と呼ばれる保険になります。

人身傷害とは、被保険者が契約中の自動車または他の自動車に乗車中や歩行中などの、自動車事故などによって死亡したり、身体に後遺障害または傷害を被ったりした場合に、各保険会社が定めた算定基準にもとづいて保険金が支払われる保険です。
また、この人身傷害のみを利用する事故の場合は「ノーカウント事故」として処理される為、
保険の等級も下がりません。(詳細は各保険会社にご確認下さい。)

契約中の自動車に搭乗している方

ご契約の自動車搭乗中の事故への補償

本人及び家族の方

他の自動車搭乗中の事故への補償
歩行中の自動車事故及び自転車など運転中の自動車事故への補償

  •  治療費などの実費
  • 休業損害
  • 精神的損害
  • 後遺障害の介護料

※実際の補償範囲及び、支払対象となる損害項目は、各保険会社及びご契約中のプランによって変わりますのでご注意ください。詳細は各保険会社の約款を参照下さい。

人身傷害補償保険と自損事故保険の違い

  人身傷害補償保険 自損事故保険
契約車に搭乗中の場合 単独事故
その他の事故
契約車以外に搭乗中の場合 ×
歩行中等の事故の場合 ×