ホーム > 自賠責保険について

自賠責保険について

自賠責保険とは?

 
自賠責保険とは、自動車の運行にかかわる人身事故の被害者を救済する為に自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれています。
自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意の自動車保険の2つがあります。

自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としており、対人賠償に限られています。
対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などをさしています。
つまり、被害者のケガや死亡の時だけに賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。

もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

つまりは
 
といえます。

自賠責保険の支払い基準

●傷害による損害(被害者1名につき、120万円まで)

  傷害項目 内容 支払い基準
1 治療費 病院又は接骨院への診察料 必要かつ妥当な実費
2 慰謝料 精神的・肉体的な苦痛に対する補償 入通院に1日につき4,200円
3 休業傷害 事故による傷害のために発生した収入の減少(有給休暇を使用した場合、家事従業者の場合) 1日につき5,700円(主婦)~19,000円(有職者)を限度額
4 交通費 自宅から病院・接骨院への交通費 必要かつ妥当な金額
5 診断書等の費用 診断書・診療報酬明細書等の発行手数料 必要かつ妥当な金額
6 文章料 交通事故証明書・被害者の印鑑証明書・住民票等の発行手数料 必要かつ妥当な金額