ホーム > 交通事故治療の流れ

交通事故治療の流れ

分からない事は何でも聞いて下さい!!

交通事故に遭ったあと、あなたの状況・症状を詳しくお聞かせ下さい !
また今後の流れについてもわかりやすくお伝えします。ご安心ください。

当院のHP『交通事故早期回復ガイド@多治見を見ました・・・』と仰っていただければスムーズです。

交通事故治療の流れ  全体の流れ編・・・

 
1、警察に連絡 >> 現場検証 >>「事故扱い」としてもらいましょう。
2、加害者の氏名、住所、連絡先、携帯番号、加害車両の自賠責の保険会社名・担当者・連絡先を必ず聞いておきましょう。
3、体に違和感、怪我がある場合、加害者、警察に医療機関へ行く事を伝えましょう。
4、近隣の病院にてレントゲン検査などしておくことも良いでしょう。軽い症状でも必ず病院へ行きましょう。
 
 
交通事故の衝撃は、たとえ直後は目に見える症状が軽かったり、無くても、2~3日後、症状が現れます。また放置するとより後遺症を招きやすいです。当院ではあなたの体の詳細な症状と状況および、今後の十分な治療方法をじっくりご説明致しますのでご安心下さい。
 
 
相手の保険会社に当院にて治療する旨を連絡してください。
(もし、保険会社に「指定するところで治療を受けて下さい」と言われても、治療する医療機関の選択権は患者さんの自由です。)
 
 
当院で現在の怪我の症状など詳しく診ていきます。
病院でのX線・MRI撮影診断結果(レントゲン)をもとに、患者様お一人お一人に合った最短で早期回復できる1番良い施術を見つけましょう。
 
 
首の位置や肩の位置、耳の高さなどあらゆる方向から体の異常を発見していきます。骨格の位置がずれてしまっている人は手技によって治療をしていきます。
体は全部つながっているので、一つでもずれていると症状が現れます。
 
 
通院期間を終えたあと、痛みや症状が日常生活を行うのに支障が無くなったのを確認後、施術を終了致します。
 

1ヶ月間、通院されない期間があった場合、症状が残っていても交通外傷との因果関係が医学的に立証困難になりため、治療は中止の扱いになる場合はあります。
継続加療の根拠が消失することに伴い、患者様に対する損害賠償請求にも影響をきたす場合があります。
諸事情により、2週間以上通院ができない場合は当院へ必ずご一報ください。

 
 
保険会社に完治の報告と示談内容が届きます。
交通事故による応答や話し合いについては日頃聞きなれない言葉で相手側の保険担当者が不当な話しをされることもありますので、どのような些細なことでもお気軽にお尋ねください。
患者様に不利益が生じぬように、当院ができるだけの対応をさせていただきます。
 

交通事故治療の流れ 通院時の流れ

 
当院で治療をご希望の方はお電話にてご予約いただくか、
直接ご来院下さい。
その際に以下のことをご準備ください。
 
 
交通事故後の症状をお伺いし、患者様あわせて問診をさせていただきます。
その際に以下のことをお伺いいたします。

当院にて、保険会社へ手続きを行います。患者様は治療に専念しましょう。

 
 
怪我の状態や体のバランスを触って確認します。
患部の痛み具合、腫れ、熱をもっていないかをはじめ、機能障害があるかなどを、いくつかの検査やテストを行って調べたうえで、施術のプランを組み立てます。無理にマッサージや電気治療をしても早期回復にはつながりません。状態に合った適切な治療が重要になります。
 
 
症状に合わせて、手技療法・微弱電流などの中から、施術プランを決定し、施術をします。
同時に日常生活での注意点や、運動障害がある場合はリハビリ等も無理なく行っていきます。
 
 
症状が改善されたら、施術完了です。
症状により個人差はありますが、3~6ヶ月程度で完治することが通常です。
保険会社に治療が完了した旨を報告し、その他の費用を計算してもらいます。
明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。