ホーム > 妊娠中のむち打ち治療

妊娠中のむち打ち治療

妊婦さんの交通事故治療も行っています。

 

妊娠中に交通事故に遭われた方へ。
妊娠中ということもあり、なかなか治療ができず我慢しているという方が多くいらっしゃいます。
実際に当院にも、「妊娠中ですが、交通事故の治療はしてもらえるんですか?」というお電話をいただくことがあります。

妊娠中の治療は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼさないように、細心の注意が必要となります。
妊婦さんに対して、かかりつけの病院が交通事故治療に前向きでない、他にも、湿布薬や投薬などの処方ができないため、満足な治療を受けられず症状を我慢しているといった方が実は多いようです。
「そのまま我慢するように。安静にしてください」と言われることも多いようですが、そのまま放っておくと、症状は改善されるどころかひどくなっていくばかりです。

一人だけのお身体ではありません、元気な赤ちゃんを産むためにもお母さんの体の状態を早期回復していきましょう。
お腹の赤ちゃんに負担の少ない手技を中心とした施術を行っております。
ぜひ一度私たちにご相談下さい!

こんな状況ならまず一度お問合わせください

  • かかりつけの病院が交通事故治療に前向きでない。
  • 痛みや吐き気などの症状が続いており、改善がみられない
  • 事故後、むち打ち症による吐き気か、つわりによるものか判断ができない。
  • 病院への通院が続けられず、満足のいく治療ができない。

女性の身体の問題は今後の出産にも影響がある恐れがあります。早めの治療をお受けください。

当院での施術の前に…

当院での施術の前にご確認をお願いします。

  • 病院での検査を受ける。
  • 通っている産婦人科に相談する。
  • 接骨院で治療を受ける旨を保険会社に連絡する。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。